健康エクササイズ   ヨガ  健康エクササイズ

「ねじりのポーズ」で内臓の働きを活発に!!

おうちでできるかんたんYOGA vol.3

「食欲の秋」にぴったりのポーズ

夏の暑さがやわらぎ、少しずつ過ごしやすい秋に近づいていますね。おいしい食べ物が多いので、ついつい「食欲の秋」になってしまう方も多いのでは? 今回は、そんな季節でも代謝をアップし内臓の働きを助けるポーズをご紹介します!

両脚を曲げ、クロスさせて座る
右脚は立てて左ひざの外側に、左脚は曲げてかかとを体の右側におく。左右のお尻に体重が均等にのるように座る。

上体をひねり、片手を上げる
右手を後方に引くと同時に、背筋を伸ばしながら左手を真上に引き上げ、上体を右側にねじる。

さらにねじりを深める
左ひじを右ひざの外側におき、息を吸いながら背筋を伸ばして、息を吐きながらひじとひざで押し合い右側にねじる。

Easy!
左脚は伸ばした状態で、右ひざの外側に左手をおき、呼吸にあわせてゆるやかに体をひねる。反対側も同様に。

石田つかさ先生のワンポイント

ヨガの練習を行う場合の注意点
なるべく空腹時がおすすめです。特に今回のような「ねじりのポーズ」は、下腹部をマッサージし、ウエストを引き締める効果もあるので、満腹時に行うと気分が悪くなる人も。体調にあわせて行いましょう。

「チン・ムドラー」で体のエネルギーを感じよう!
親指と人差し指をつけた形をヨガでは「チン・ムドラー」といいます。親指は神(宇宙)、人差し指は自我(心)を表し、結ぶことでエネルギーを体内に閉じ込めて活用できるようにするといわれています。

お問い合わせ

CTA-IMAGE リフォームに関するお問合せ
ZERO-CUBEに関するお問合せ
ココリビングに関するお問合せは
こちら

株式会社オリバー
0120-47-1152