健康エクササイズ   ヨガ  健康エクササイズ

「猫と牛のポーズ」で血行を改善して体ポカポカ!!

おうちでできるかんたんYOGA vol.4

ヨガで体を温める

寒い冬、雪が積もって家に閉じこもりがちな方も少なくないのでは?運動する機会が少なくなると血行が悪くなり、体のコリとなってあらわれることも。今回は、動きのある連続したポーズで血行を良くし、体を温めるポーズをご紹介します!

四つん這いになる
手は肩幅、ひざは腰幅に開いて、四つん這いの姿勢になる。手首は肩の真下、ひごは腰の真下に置く。

背中を反らせる(牛のポーズ)
息を吸いながら、斜め前方を見上げるように背中を反らせ、お尻を上向きに。続けて3へ。

背中を丸める(猫のポーズ)
息を吐きながら、おへそを覗き込むように背中を丸めて、お尻は下向きに。2と3を呼吸に合わせて繰り返す。

Variation!
さらに胸を大きく反らせて「子犬の伸びのポーズ」

手を前に這わせながら、胸は床の方向に。目線は手と手の間を見るように。

石田つかさ先生のワンポイント

良いことずくめの「猫と牛のポーズ」ダイエットに効果的とテレビで取り上げられたこともある、「猫と牛のポーズ」。実は、血行改善やダイエット効果だけでなく、たくさんの嬉しい効果が得られます。このポーズは腰周辺の筋肉を緩め、腹部にしっかりと力を入れることで腹横筋というお腹のインナーマッスルを鍛えることにより、腰痛や反り腰の緩和に役立ちます。加えて肩のストレッチ効果があるので、肩こりを解消する効果も期待できます。さらに、腹部のインナーマッスルの強化により、便秘の解消などにも役立ちます。初心者の方でも挑戦しやすいポーズなので、ぜひ生活に取り入れてみてくださいね!

お問い合わせ

CTA-IMAGE リフォームに関するお問合せ
ZERO-CUBEに関するお問合せ
ココリビングに関するお問合せは
こちら

株式会社オリバー
0120-47-1152