おうち訪問   リフォーム事例

モノトーンの洗練された空間に心地よい暮らしをプラスした二世帯住宅

梁を美しく魅せた和風モダンスタイル

お子様の結婚を機に、築約40年の木造一軒家を一部リフォームして同居をすることにしたM様。結婚が決まってから同居に向けて新築物件を見て回ったものの、思うように話が進まなかった経験がありました。一方、現在住んでいる「木造一軒家のリフォームを検討し始めたところ話が進んでリフォームを決意。

今回リフォームをしたのは、子世帯が生活するセカンドリビングと寝室です。親世帯と子世帯が一緒に快適に生活できるよう、木造の2階部分の子世帯の居住空間を中心にキッチンとトイレを整えました。

子世帯の新居は、それぞれ独立して使われていた8畳ニ間の和室と洋室、廊下をひとつながりの空間へと間取りを変更。「モノトーンが好き」というお二人のご要望から、デザインは白と黒を基調にコーディネートしました。なかでも目を引くのが、セカンドリビングの「梁魅せ天井」です。長年、家を支えてきた堅牢な梁を生かし、表面を磨いて塗装で仕上げました。

生活感を見せない工夫として取り入れたのは壁面の大きなクローゼットです。約2畳分の収納量があるため、ご夫婦の衣類や生活用品を全て収納できます。

リフォームの感想をお聞きすると、「ソファで寛いでいると疲れが癒やされます。間接照明に照らされた夜の雰囲気が最高」とのこと。代々受け継がれてきた住まいに手を加えて二世帯住宅にしたことで、親世帯も子世帯も生活しやすく心地よい環境が誕生しました。

モノトーンをコンセプトにインテリアや家具をコーディネートしたM様。立派な梁が部屋のシンボルとなり和風とモダンがミックスした洗練された空間に。梁を見せたことで天井も高くて開放的

技あり! こだわりポイント

収納力抜群の大きなクローゼット。壁一面に取り付け、部屋全体をスッキリとみせています。また、寝室との一体感を創出するため、大きな開口部を確保した。閉めてもデザイン性を保てるよう建具の柄も統一

親世帯のトイレはお掃除しやすく落ち着いた空間をイメージ。施工前にあった段差も解消し、バリアフリーにも配慮してあります。手摺や建具はブラウン系で統一し、シックな雰囲気に

寝室は間接照明の柔らかな光でゆったりくつろげる空間に。日々の疲れを癒やす場所だからこそ、居心地の良さも大切だと考えました

before

築約40年の木造家屋をリフォーム。施工前は、昔ながらの家に多い用途ごとに分かれた小さな部屋がつながる間取りでした

DATA

氷見市 M様邸
■リフォーム費用 約1,100万円
■種類 木造家屋
■築年数 約40年
■施工面積 56m(16.9坪)
■施工箇所 1階:キッチン・トイレ/2階:内部改修
■工事期間 60日
■施工会社 株式会社オリバー 0120-47-1152

お問い合わせ

CTA-IMAGE リフォームに関するお問合せ
ZERO-CUBEに関するお問合せ
ココリビングに関するお問合せは
こちら

株式会社オリバー
0120-47-1152