リフォーム   リフォームQ&A

外からの騒音がうるさい

家の近くに線路があり、夜遅くに電車の音が響いてうるさくて眠れません。
騒音対策にいい方法はありますか?

窓の部分は厚みが少ないため騒音に大きく関連します。
サッシを2重にして厚みを持たせる「内窓」の取り付けが効果的です。工期も短く、断熱性も高まるのでおすすめですよ。

家の内外の音の伝わり方は、壁を通じて入ってくる音はごくわずかで、ほとんどの音は窓から伝わっています。
その理由は厚みにあり、壁の厚みは約15cmなのに対し、窓の厚みはわずか5mm程度。薄い窓の部分から多くの音が入ってくるわけです。

そこで、窓部分に内窓を設置し、厚みを持たせることで、入ってくる音を低減させることができます。

調査によると、二重窓化によって低減される騒音のデシベル値は、約15dBになります。
人の耳が感覚的に半分以下と感じるのが、ちょうど10dBですので、
15dBというのは十分騒音対策に効果が期待出来る数値と言えるでしょう。

既存の窓との間にできる空気の層により、遮音性が高くなります

内窓にはほかにもメリットがたくさん

内窓は、今ある窓を壊さずに取り付けできるため、工期も1時間からと短く手軽。遮音効果だけでなく、
・断熱効果
・結露の抑制
・日射熱を低減し冷房効果をアップさせる
などなど住空間を快適にする利点がたくさんあります。

サッシの色を変えて内装イメージをインテリアに合わせることができます
和室にぴったりな障子風の内窓。障子紙の交換の手間をなくします

住まいに関するお悩み大募集

ココリビングでは、住まいのお悩み、リフォームへの疑問を募集しています。 採用された質問には、プロのリフォームアドバイザーがお答えします。
質問はお問い合わせフォーム、またはコメント欄にて受付しておりますので、お気軽にどうぞ。

お問い合わせ

CTA-IMAGE リフォームに関するお問合せ
ZERO-CUBEに関するお問合せ
ココリビングに関するお問合せは
こちら

株式会社オリバー
0120-47-1152

株式会社オリバー「内窓」の最新施工事例をご覧になれます!!

  • ありませんでした