インテリア   インテリアコラム

香りのある暮らしで 癒しの空間づくり

リラックス効果だけでなく、抗菌や防虫効果もあり

 おうち時間の楽しみ方に関心が集まった2020年。特に癒しの時間の大切さを感じている方は多いのではないでしょうか。  今回は癒しをテーマに、富山県で唯一の日本香専門店・香華楽の長澤さんに香りを楽しむ暮らし方についてご提案いただきました。

日本の環境にあった日本香は
余韻まで考えられた繊細なものが多い

私がお香に興味を持つようになったきっかけは、お寺巡りが好きだったこと。お寺によって香りが違うので、同じお香を買って帰って家でも楽しむようになりました。

お香を生活に取り入れることで、家の中に癒しや楽しみがあることの良さを伝えたいと思い、香華楽をオープンすることにしました。

お香はインドなど海外のものも多く出回っていますが、香華楽では、日本製のお香を専門に扱っています。海外は日本より生活臭が強いため、香りも強いものが多く、日本の家の中で使うにはきつすぎるんですね。日本香は、使ったあとの余韻まで考えて丁寧に作られたものが多く、日本人の繊細な感覚に合っていると感じます。また、日本の四季に合ったものを選べるところも、日本香のいいところですね。

共有スペースで使う香り

生活臭が気になるときは、玄関など空気の通り道になるところに燃焼時間の長い渦巻きタイプのお香を使うといいですね。

お茶の香りのお香は、ダイニングにおすすめです。食事の後に残る匂いが気になるときなど、食後のお茶を楽しむ感覚で使ってみてください。

ヒバなど抗菌作用のあるお香は、お風呂場のカビ予防や、使っていないお部屋の脱臭・抗菌に使えます。

リラックスのための香り

自分のために楽しむ香りは、好きなものが一番ですが、迷ったら季節に合わせたものがおすすめです。冬はジャコウなど重厚感のある甘めのものが好まれます。寝る前などは燃焼時間が15分くらいのスティックタイプが使いやすいですね。

詰め合わせタイプも人気があるので、いろいろ試して好きな香りを見つけてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

CTA-IMAGE リフォームに関するお問合せ
ZERO-CUBEに関するお問合せ
ココリビングに関するお問合せは
こちら

株式会社オリバー
0120-47-1152